2021-2022年度 弟子屈ロータリークラブ活動方針

                   会長 辻谷智之   幹事 山村聡


2021-22年のRIシェカール・メータ会長(インド)のテーマは
「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」です。
「夢は大きく」という信念のもと、会員の大幅増強を目標に掲げ、チャレンジするよう訴えられています。
また、2500地区 漆崎 隆がバナーの地区スローガンは 
「ロータリーの素晴らしさを広めましょう」
〈地区方針〉
明るい未来のために、地域の人々と
「親睦と持続可能な奉仕活動の推進」
コロナ禍の貴重な経験を活かして、組織の維持、拡大と自粛した奉仕活動へ積極的な参加を求めています。
弟子屈ロータリークラブの目標
「楽しく持続可能なクラブをめざして」
弟子屈ロータリークラブは昭和32年に設立以降今期65周年を迎えます。
この65年間で先人たちが地域社会でたくさんの奉仕を行ってきました。このことを誇りとし、私たちもコロナ禍という大きな災難の中、またそれ以降の状況を踏まえ、奉仕を今一度考え、持続可能なクラブを目指し活動していきます。
弟子屈ロータリークラブにおいても人口減少・地域経済の悪化の課題に直面しております。地域の人に魅力を感じてもらえるクラブにするためにも、クラブの歴史と伝統を守りながら私たちが伝えられることを実践してゆきましょう。
重点目標として
RIテーマとガバナースローガンを実践
コロナ禍でも、持続可能な、楽しく魅力ある例会とプログラム
奉仕を通して地域の人たち・子供たちへロータリーの魅力発信
会員増強と退会防止
ロータリー財団・米山記念奨学会活動への協力