2016-2017年度 弟子屈ロータリークラブ活動方針

会長 鈴木幸栄  幹事 今井善昭
 

弟子屈ロータリークラブは本年、創立60年を迎えます。私たちは歴史あるクラブを誇りとし、更なる活動に努めることを責務とします。
◎2016~17年度RI会長、ジョンF・ジャーム(アメリカ・テネシー州) 
「人類に奉仕するロータリー」をテーマとし、更にロータリーは今後に向けた活動に対する節目の時期であるとも唱えています。
◎RIロータリークラブ2500地区 駒形曙美ガバナー
「明日のロータリーのために積極的に活動しよう」
また、10項目からなる活動の柱を設けています。
◎弟子屈ロータリークラブ活動
「親しみあるロータリーを」
私達ロータリーアンは特別な人ではありません。「奉仕の心」をロータリークラブに属して、地元を含めた広い地域に奉仕活動をしていきます。 

  1. 和やかな雰囲気で活動を進める。
  2. 出前講座の継続推進。
  3. 会員増強と退会防止につとめる。
  4. 例会出席への声掛け。

◎創立60周年実行委員会の設立